剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > キンモクセイの剪定方法は2つ!理想の時期と庭木の樹形を保つコツ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

キンモクセイの剪定方法は2つ!理想の時期と庭木の樹形を保つコツ

小さいオレンジの花を咲かせるキンモクセイは、庭木として人気の高い樹木です。大きく育ちやすいため、樹形が乱れて困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キンモクセイの樹形を剪定で整えるときは、「刈り込み剪定」をおこないます。刈り込み剪定をおこなうことで、キンモクセイの乱れた樹形をキレイに整えることができます。

また、大きく育ちすぎたキンモクセイは「切り戻し剪定」で小さくするのもおすすめです。

キンモクセイを剪定するときのポイント
  • 剪定に適した時期に作業をおこなう
  • 切るべき不要な枝を見極める
  • 「刈り込み剪定」と「切り戻し剪定」の2つ方法で樹形や大きさを整える

キンモクセイは剪定方法や時期を間違えると、耐性が下がり弱ってしまったり、花や実の付きが悪くなってしまったりすることがあります。

この記事では、剪定に適した時期や方法についてご紹介します。ぜひ、剪定をするときの参考にしてください。

もし自分でおこなう剪定に不安を感じられたときは、無理せずプロに相談することもおすすめです。プロであれば、大きく樹形の乱れたキンモクセイでも美しく剪定してくれます。

剪定の手順を実際に見ることで、自分で作業をおこなうときの参考にもなるでしょう。

庭木も鉢植えもキンモクセイの剪定はお任せください
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

キンモクセイを剪定する目的

キンモクセイは1年で5cmほど伸び、大きくなると7~8mまで生長する小高木であるため、限られた家庭のスペースで育てる場合は定期的な剪定が必要になります。

キンモクセイを剪定する大きな目的は「樹形を整えること」ですが、他にもこのような目的があります。

  • 枯れた枝を取り除く
  • 風通しをよくして病害虫を予防する
  • 花や実の付きをよくする

キンモクセイの剪定時期は3~4月

キンモクセイの剪定時期は、新芽が出る前の3~4月が理想的です。

剪定の時期は地域により多少のズレはありますが、剪定をおこなうなら翌年の花に影響の少ないこの時期におこなうとよいでしょう。

また、春だけでなく開花後の10~11月にも剪定をすることができます。

ただし、寒さに弱いキンモクセイにとってこの時期の剪定は、冬の寒さへの耐性を下げることになります。大幅に剪定をするのは避けるようにしましょう。

キンモクセイを剪定する方法

キンモクセイは丸い樹形にすることが多いです。剪定方法を2種類ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

剪定に必要な道具

キンモクセイの剪定をおこなうときは、以下のような道具が必要です。

剪定に使用する道具
  • 剪定ハサミ
    細かい剪定に使います。内部の枝の剪定に適しています。
  • 刈り込みハサミ
    樹形と整えるために使うハサミです。外部の剪定に適しています。
  • 剪定ノコギリ
    太い枝を切るときに適しています。
  • 脚立
    高い場所での剪定に使います。1~3m程度の脚立があると便利です。
  • 軍手
    手の傷、負担の軽減になります。寒い時期の場合、寒さ対策にも便利です。

刈り込みの剪定方法

刈り込みバサミを使用した「刈り込み剪定」の方法をご紹介します。この方法は、樹形をキレイに整える場合におすすめの剪定方法です。

1.不要な枝を切る

いきなり刈り込みをしてしまいますと、切り口が増えてたくさん芽吹いてしまいます。

先に剪定バサミで長く伸びた枝の切り戻しをおこない、以下のような不要な枝を枝元から取り除きましょう。

不要な枝
  • 平行枝
     同じ方向へ平行に生えている枝
  • 絡み枝
    他の枝と交差している枝
  • 内向き枝
    幹側を向いている枝
  • 徒長枝
    幹や枝からまっすぐ上に伸びている太くて長い枝
  • ひこばえ
    根元から伸びてくる枝
  • 胴吹き枝
    根元付近の幹から伸びた枝
  • 混み合っている個所の枝
不要な枝
2.刈り込む

次に、刈り込みバサミで樹形を整えます。

刈り込みバサミを使用するときは、両手を動かすのではなく、片側を固定しもう片側を動かして切るとスムーズに作業をおこなうことができます。

形がキレイに整ったら、完成です。

刈り込みで樹形を整える

大きくなりすぎた場合の剪定方法

大きく生長しすぎて樹形が乱れている場合は、「切り戻し剪定」をしてコンパクトにしましょう。

小さくなったら不要な枝などを切り、外側の樹形を整えていきます。

1.高さを整える

最初に、高く伸びている枝を枝先から50cm程度になるまで剪定バサミで切り戻しをおこないます。枝を切るときは、枝分かれをしている部分を切るようにしましょう。

手が届かない場合を作業するときは、脚立を使うようにしてください。

2.不要な枝を切る

長く伸びている枝は切り戻しをします。

切り戻し剪定

ある程度切り戻すと枝の数は減っていきますが、不要な枝は樹形や樹木の健康に影響を与えてしまうおそれがあるので、枝元から切るようにしましょう。

ここでの不要な枝は、刈り込みの剪定方法でもご紹介している枝のことをいいます。

3.枝先を切り詰める

最後に、枝先を切り詰めて樹形を整えます。

このとき、先端から2~3節残した位置で剪定バサミを使って斜めに切るようにしましょう。理想の樹形になったら完成です。

もし「どの枝を切ればよいのか分からない……。」「なかなかキレイな形にならない。」とのことでしたら、プロに依頼するのもよいでしょう。

プロの剪定業者なら、枝が伸びたあとのことを考えながらキレイに剪定してくれますよ。

弊社ではご要望やお悩みを伺い、それに合わせて剪定業者をご紹介しております。ご依頼前のご相談も24時間受け付けおりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

自分でおこなう剪定に不安があればご相談ください!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

キンモクセイを剪定するときのコツ

キンモクセイを剪定する方法についてご紹介してきましたが、ここで上手に剪定するコツについていくつかご紹介します。

  • 自分の手の届く範囲だけを強く刈り込まないようにする
  • 作業量の10%以内で一度離れ全体のバランスを見ながら剪定する
  • 切り残し枝を放置しないようにする

キンモクセイは切るべき忌み枝が多く、内部も混みやすい木です。

樹高が高いこともあって、脚立での作業は必須になります。高所の内部の枝はとくに切りづらいでしょう。

キンモクセイの剪定は危険を伴うため、少しでも不安に思うようでしたらプロに依頼するのもおすすめです。

剪定にかかる料金の相場

剪定料金は、「単価制」と「日当制」に分けられます。

≪単価制の剪定料金の場合≫

庭木の高さや本数によって作業料が変わります。単価×本数=料金で計算するとよいでしょう。

低木・中木・高木によって価格帯が異なることがほとんどのため、キンモクセイの高さをあらかじめ測っておくとスムーズに依頼できます。

低木(~3m) 2,988円
中木(3~5m) 6,860円
高木(5~7m) 15,624円

※9社の剪定業者を参考にしており、ホームページに記載されている金額を算出したものです。(2020年9月時点)

≪日当制の剪定料金の場合≫

日当制の場合は、職人の人数によって費用が異なります。

職人一人あたりにかかる一日の作業料金です。

職人一人あたり 22,583円

※6社の剪定業者を参考にしており、ホームページに記載されている金額を算出したものです。(2020年9月時点)

また、日当制だけでなく、時給制の場合もあります。

時間を指定したいときやあまり剪定に時間を取れないという場合は、しっかりと時間で区切られる時給制のキンモクセイ剪定業者に頼むのがよいでしょう。

剪定料金はこの他にも、剪定後の枝葉の処分費などが追加でかかることもあります。詳しい費用は見積りで確認してみましょう。

剪定費用を安く抑えるためには

剪定料金をなるべく安く抑えたいという場合は、以下のことをおこなうとよいかもしれません。

  • 不要な害虫駆除や除草オプションなどを省く
  • 軽い剪定で出たごみ処分は任せず自分で処理する
  • 複数の業者を比較、検討し、見積りを頼む

剪定料金は業者によって異なります。

一つの業者にいきなり決めるのではなく、複数の業者で見積りを出してもらってから依頼をするとよいでしょう。

キンモクセイの剪定にお悩みの方は剪定110番にご相談ください!

剪定110番では大きく育った庭木や樹形の乱れた鉢植えなど、さまざまな植物の剪定作業をしております。

キンモクセイの剪定は不要な枝を判断し、樹形や大きさに合わせた剪定をする必要があります。慣れていないと難しいと感じる方もいるでしょう。

「自分で剪定をおこなうのは不安…」「どの剪定業者に依頼をしたらよいのか分からない」とのことでしたら、弊社にご相談ください。

ご連絡いただければ複数の加盟店からご状況に合わせて剪定業者をご紹介させていただきます。

現地調査や見積りも無料で対応している業者もございます。ぜひお気軽にご連絡ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問